分譲住宅と注文住宅

新築の家を建てるとき、どのような家を購入するか迷う方がほとんどだと思います。
というのも、新築の家を購入する場合、分譲住宅を購入するか、注文住宅を購入するかという選択肢が出てくるからです。
このサイトでは、簡単にこれらの違いや特徴などを紹介していきたいと思います。また、マンションや、新築住宅と中古住宅の比較なども簡単に紹介します。

【分譲住宅】
分譲住宅とは、土地と住宅をセットで販売している、新築の家のことをいいます。
分譲住宅という名称以外にも、「建売住宅」ともいいます。
一般的には、広いスペースの土地をいくつかの区画にわけ、似たような仕様の住宅を何棟か建てて販売しています。
住宅が完全に完成してから販売することもあれば、建築中の段階で販売するケースもあります。
この場合、もちろん設計プランはすでに決まっています。

最近では「ニュータウン」と言われている大規模な開発で分譲する場合、基本的に不動産会社が売主となって直接販売することが多いです。
数軒程度の小規模な範囲で分譲している場合は、仲介する不動産会社が販売することが比較的多いといえます。

【注文住宅】
注文住宅とは、ハウスメーカーや建築士に設計を依頼し、建築は施工会社に任せるかたちの住宅のことをいいます。
ハウスメーカーや工務店に施工や設計をまとめて依頼する方法もありますが、建築事務所に施工や設計などをまとめて依頼するやり方もあります。
注文住宅の大きな特徴のひとつに、法律で決まっている部分をクリアーしていれば、間取りや工法、内装や外装といった設備などを自由に選べることです。

OUT LINK

こだわりの注文住宅を建ててもらうなら【練馬区で建てる注文住宅おすすめ会社ガイド】
兵庫で注文住宅の事なら!:IDA HOME
注文住宅を京都で建てるならここ|住育の家づくり一級建築士事務所住まいの総合研究所
人に優しい大阪の注文住宅メーカー【かみえ工務店 】
京都で注文住宅を建ててもらうなら、家のこだわりなどを叶えてくれる;室工務店